2018-11

学校生活

マレー語の試験 あいさつと数字と日にち

マレーシアに留学すると学部や大学によりますが、多くの人がMPU(Mata Pelajaran Umum)というマレー語の授業を履修することになります。マレーシアで生活する上で英語ができれば困ることはありませんが、やはりせっかくマレーシアで勉強しているので、これを機に話せるように勉強しようかなと思い始めた今日この頃です。
学校生活

Englishの期末試験ーImpromptu Essayとその対策

来週あたりからぼちぼち期末試験が始まります。学校全体の期末試験の期間は約2週間で、その期間中に各学部や各授業の試験が行われます。最後の授業でImpromptu Essayという課題が課せれれます。そしてこれが期末試験として扱われるそうです。
学校生活

学期の終盤に学生がやらなければいけないこと

ファーストセメスターが終わりに近づいてきました。最終週にはプロジェクト課題の提出やファイナルテストがあり生徒は大忙しです。それでも、この2週間頑張れば日本に帰国できると考えると、力がみなぎります。今回は学期の終盤に学生やらなければいけないことを書こうと思います。
学校生活

大学で必要な意外な能力

海外の大学に入学するにあたって身につけておきたい技術は沢山あります。英語力やコミュニケーション能力、環境適応力などは巷でも留学に必要と言われていますし、確かにその通りです。しかし、もう一つあります。
学校生活

A評価をもらった伝わる英語のプレゼン3つのコツ

プレゼンとは視聴者に情報をプレゼントすることです。プレゼンの目的は情報を伝えることであって、その手段としてスライドや言葉、ジェスチャーがあるのです。我々人間は視覚から8割以上の情報を得ていると言われているので、視覚情報に重きを置けばたとえ英語が苦手であっても情報は伝わるようになります。
日常生活

マレーシアは日本以上の祝日大国⁉︎

マレーシアは、ブミプトラ(マレー人や先住民)、中華系、インド系、アラブ系、ヨーロッパ系などから成る他宗教、多民族国家です。
学校生活

マレーシアで難民の子が通う学校の先生になって

マレーシアに難民の子供たちが通う小学校があり、そこで私は1日だけ先生になりました。小学校といっても難民の子はPublic Schoolに行くことはできず、古い建物の中にあるRefugee learning centreに通っていました。しかし、そこにいた子供たちには私の持っていた難民へのイメージを覆され、何度も驚かされたので、少し発信しようと思います。
スポンサーリンク