生徒の出入りがStock Marketの動向よりも激しい!!!

学校生活
スポンサーリンク

今学期の授業が始まって、1週間が経ちました。

この1週間は、「日本に帰国して多少狂った生活リズムや感覚をマレーシアに戻す期間」のように個人的には捉えています。

大学ではこの1週間を、Add/Drop Weekとも呼びます。休暇前に決めた今学期の選択科目をこの期間で再選択することが可能です。実際に授業を受け、その授業を履修するか、それとも他の科目を履修するかを決まることができます。

そのため、この期間は生徒の出入りが激しく、昨日同じクラスだった学生も今日になると居なくなっていたり、逆に昨日は居なかった学生が今日同じクラスだったということが起こるんです。

 

私が今学期履修したミクロ経済学の教授は、

「この時期は生徒の出入りがStock Market(株式市場)の動向よりも激しくて、なかなか読めないののよね。Ahaha。」

と豪語していました。

 

来週から授業も本格化するので、今学期も張り切って頑張ります!!

その前に、さすがは祝日大国マレーシア。月曜はさっそく祝日で学校休みです^^


人気ブログランキング


 

コメント