日常生活

日常生活

外国人も新しい元号の発表に関心がある⁈

今学期も終盤に近づくにつれ勉強も忙しくなり、手元の課題だけをみている日がここ数週間続いてしまいました。そんな中、あやうく数日後に迫る新元号の発表まで逃してしまうところでした。元号の発表が迫っていると教えてくれたのは、なんとルームメイトのマレーシア人の子でした。
日常生活

大学 1、2年生の時期から就活を始めるべき理由【企業ワンデーインターンinマレーシア】

現在、マレージャパンプロジェクトでは企業ワンデーインターンinマレーシアの企画をしており、大学1年生〜卒業生まで幅広い年代の学生を募集しております。そこで今回は大学1、2年生という比較的初期段階から就職の準備をすべき理由について話したいと思います。
日常生活

【激闘】マレーシアのアリとの戦い

十何年前の保育園のおゆうぎ会で「アリとキリギリス」をやった。当時まだ4歳くらいだった私は、舞台上でアリを前に力尽き、倒れた。十数年越しのアリとの衝突がここマレーシアで起こった。
日常生活

雨の音で眠れないのでブログを書きます・・・。

ベットの上で目をつぶっていると、時々感じるんです。「近くに滝がある、水が流れている」と。ボケてきた訳ではなく、原因はマレーシアのスコールです。大粒の雨が屋根のを打ち付け、まるでナイアガラの滝の真ん中にいるかのような感覚になるのです。(ナイアガラの滝、行ったことないですけど)
学校生活

試験期間中に気前が良いプレゼント⁉︎

私の学部は既に終わりましたが、他のいくつかの学部はまだ試験期間中です。そのため図書館やラウンジでは勉強している人々が目立ちます。そんな中、なんと気前の良い寮からのありがたいプレゼントが毎日届くようになりました。
日常生活

マレーシアは日本以上の祝日大国⁉︎

マレーシアは、ブミプトラ(マレー人や先住民)、中華系、インド系、アラブ系、ヨーロッパ系などから成る他宗教、多民族国家です。
学校生活

マレーシアで難民の子が通う学校の先生になって

マレーシアに難民の子供たちが通う小学校があり、そこで私は1日だけ先生になりました。小学校といっても難民の子はPublic Schoolに行くことはできず、古い建物の中にあるRefugee learning centreに通っていました。しかし、そこにいた子供たちには私の持っていた難民へのイメージを覆され、何度も驚かされたので、少し発信しようと思います。
スポンサーリンク