マレーシア大学生必須のスマホアプリ

学校生活
スポンサーリンク

日本はLINE。海外はWhatsApp

今回はマレーシアに留学して速攻インストールした(させられた)アプリについて紹介します。基本的に毎日使う必須のアプリです。

その名も、WhatsApp

WhatsAppとは?

詳しく説明すれば長くなりますが、短く言うとLINEのようなものです。

WhatsAppとはアメリカのWhatsApp Inc.が提供するSNSで、LINEのように友達とのチャットや通話ができ、使い方も簡単なアプリです。

日本ではあまり普及していないように感じますが、海外では多くの人が使っています。

実際に日本でよく使われているLINEの全世界月間アクティブユーザー数は約2億1,700万人ですが、WhatsAppの月間アクティブユーザー数はなんと10億人を突破しています。

10億… 10億人といったら東京ドーム約1万8000個分が全て満席になりますよ。

LINEのようなスタンプやタイムライン、Newsなどはありませんが、友達の電話番号さえ持っていればグループを作ったり、文章や写真、音声、動画、ドキュメントなどの共有ができます。

もちろん無料で。

大学でのWhatsAppの活用方法

もちろん個々での連絡にも使用しますが、私はグループでのチャットが断然多いです。

クラス全体の大きなグループで連絡事項を報告することもありますし、クラスの中でもグループワークの為の小さなグループもあります。

授業では頻繁に少人数のグループに分かれ課題をこなすので、単元が進むたびにグループが増えていきます。

チャットルームでは宿題の内容を確認したり、グループワークのチームでドキュメントをシェアしてアイデアやフィードバックを共有し合ったりします。

 

この記事を書いている今現在も連絡がバンバン来てます。笑

基本友達とのチャットだけなので、文章はカジュアルでやり取りはとても楽ですが、初めのうちは友達が使う略語が省略されすぎていてなんて言ってるのか分からない時が…

もうここまで来たら慣れるしかありません。

しばらくしたら、略語をまとめた記事でもあげてみます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


 

 

コメント